2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.30 (Thu)

夏の名物?!

バスに乗った。


いつも後ろの席に座るぴよっちょ。




しばらくすると静かな車内の前方で





ゴトンゴトンゴトン…





あ~あ~あ~!






男性の声



なんだ??


と目をやると


レジ袋に入った大きなスイカが


ゴロンゴロン転がっている



そして

前方の料金箱にぶつかると同時にバス停車






ゴツン






すると乗車ドアが開いた




なぜこのタイミング?!



このバス ノンステップバス



フラットな車内から歩道に一直線




スイカ 降りちゃうの?!




ユラユラっと悩んだあげく(?)車内に留まる事を選択したスイカ




裸の大将風なおじさん

ヨタヨタ転がったスイカを取りに行き


スイカの様子を見守っていた周囲の人に





「スイカ割りにならなくて良かった




多分 みんなそう思ってた




     





良かった(笑)





スポンサーサイト
15:05  |  納涼  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015.06.07 (Sun)

ホタル

いつも気づいた時には終わってしまっている

ホタル鑑賞会


今年は気がついて 確認してみたら…



明日じゃないか!?




ギリギリセーフ



そんな訳で

鑑賞会場の公園にオチビと行ってきた



ここは市の大きな公園で

普段は夕方には門が閉められて入れないのだけれど

この日は特別!入れます



金土の開催予定でしたが

金曜の夕方から結構強く雨が降ってきてしまったので

中止になったんじゃないかなぁ


そのせいか?

19:30の鑑賞時間の前から

たっくさんの人が集まって来ました




この時期は日が長いので

19:30になってもまだ薄明るく…



今夜は肌寒いくらい涼しくて

ホタル飛んでくれるか心配でしたが

敷地内の隅を流れる小川に誘導されると…




 いた   




生い茂った木立の中を

黄緑色の小さな明かりが

ユラユラ飛んでいます



なんとも幻想的な空間







一匹 下で光ってるホタルを見つけたので観察のため捕獲







小さな身体で

強い光を放つホタル







普段 明るい時間に歩く公園とは

全く別の場所の様で

素敵な時間を過ごせました

 


また来年も見れるといいな

09:18  |  納涼  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.07.22 (Fri)

鳥肌画像満載(@_@;)

※注 
今日も寒かった関東地方ですが
違った意味で鳥肌の立つ画像ばかりなので
それでも良い人だけ お付き合いくださいm(__)m



















中国の海に 

が大発生したと

そこで海水浴している人がいると

藻


鳥肌がぁぁぁぁ



鳥肌と言えば

七面鳥

DVC00018.jpg


鳥肌がぁぁぁぁ



鳥肌で忘れられないのが

ツリーマン

人の事 指差すのは嫌いだけど

どうしてこんな事になってしまったのか・・・

ツリーマン


9回も手術して 自分でご飯食べれる程度までに除去できたらしいが

ツルツルにはならないんだって。

ツルツルになりたいだろうな・・・



最後に

毎日のように取れるナメクジ

気持ち悪~~~~い

気持ち悪い


けど

カメくんの大事な朝ごはん


だ、ダメだぁ

自分で書きながら

確認の度に 鳥肌がぁぁぁぁ
21:24  |  納涼  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2010.08.08 (Sun)

納涼~座敷わらし…?~

これは 結婚する前のお正月のお話し


寮生活をしていた私は
大みそか 
長野に帰る電車に乗れる時間に 仕事から帰れそうに無かったので
彼氏(現在 夫)の家にお世話になる事にした。

雨戸を閉めて寝た事がない私は
何時になっても真夜中の様に真っ暗な部屋で
まだ夜?と思って ずっと寝ていた

そんな時 ふと 気配を感じて目を開けると
ベッド脇に女の子が立って 私を見ていた。
女の子か…』と目を閉じた…が
この家には子供はいないだれ
目を開けると 女の子はいなくなっていました。

おかっぱ頭の
3~5歳くらいかなぁ
目のクリクリした 可愛らしい女の子でした

この時は特に怖いと思う事もなく
あれは誰なのか?と疑問に思っただけでした。

数日後 
母にそんな話を電話ですると
「やだ 私も…」
母の夢にも
私の所に来た女の子とほぼ同じ子どもが出てきていたのです。
これを聞いた時
背筋が ゾッ としました。

この女の子は 何をしに 私のところに現れたのか…?

その後
テレビで座敷わらしを目撃した人の絵を見た時
この子だ!
と思いました。
最近は古い家でなくても
都会のビルに現れる と言う話しの中で登場しました。
彼の家も 決して古い家ではありませんでした。

今は 結婚して 長女が生まれて
二世帯住宅に建て替えてしまいました。
もし 座敷わらし だったとしたら
もうこの家にはいないだろうな…

誰だったんだろう?あの子

私を守ってくれている子だったらいいなぁ


勝手に納涼シリーズ 終

夏休み行ってきま~す
09:00  |  納涼  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.08.07 (Sat)

納涼~花火大会~

手賀沼の花火大会に行って来ました
ここは お隣の我孫子の花火と両方楽しめる
一粒で2度美味しい 花火大会です。

他にも 松戸、市川も花火大会
どこもかしこも浴衣を着たお姉さんがたくさん歩いてました。
普段閑散としている近隣のコンビニも物凄い混雑です

DVC00054_20100807225811.jpgDVC00053.jpg
携帯でも そこそこ撮れた

大きな花火が上がると 内臓が揺れるほど 大きな音がして
歓声が上がり
変わった色の花火が上がると
歓声が上がり
宝石箱の様に カラフルな花火が上がると
歓声が上がり
たたみかけるように こっちに迫ってくるようなスターマインに
歓声が上がり
にこちゃんマークや トンボ、ハート、ドラえもんが現れた時は
歓声が上がり…
みんな 反応するポイントは同じなんだなぁ

湿度も低く 心地よい風が吹いて
まさに納涼花火大会ではあったけれど
座ったところが コンクリートの歩道だったので
岩盤浴の様にお尻が熱かったぁ
場所は絶好の位置で
手賀沼、我孫子、更にその向こうにもどこか…小さく見えて
水上花火も見えて
久々に花火大会を堪能できました
脳みそ 刺激できた

しかし じっとしている事が苦手なオチビは早々にあきてしまい
ぐじぐじうるさかった
ちょっと残念
23:23  |  納涼  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。